アンテナ工事はなぜ工事というのでしょうか。アンテナとテレビを繋ぐ作業です。同じように配線を繋ぐ、パソコンは設定であり工事とはいいません。アンテナを繋ぐだけでしたら、アンテナ接続で良いはずです。ではなぜ工事というのか、それはまさに工事が必要だからです。

テレビアンテナアンテナからテレビまでは有線で繋がれます。アンテナは一戸建てであろうとマンションであろうと、基本的には家の外にあります。家の外から中に繋ぐとなると、どこかにその通路がなくてはいけません。窓から入れるとすると窓が閉まりません。エアコン取り付けの際の室外機もそうですが、専用の通路を確保しなくてはいけないのです。また一部建売住宅にはアンテナの差込口がありますが、あれは専用通路が準備しているというだけでそれに繋いでもアンテナが立っていなければテレビは見られません。

アンテナを立て建物の中に電線を通し、天井や壁を巡らせテレビの位置まで引っ張ってくるのです。ただ穴を開けるだけではありません。そこから水などが漏れないように、加工しなくてはいけません。そのようなことを行うので工事なのです。この工事は持ち家でしたらそれもまた自己責任であり自由ですが、賃貸ですと返すときに問題になるということは注意しましょう。