Archives

業者の選定方法

業者前項で示したようにテレビアンテナは接続作業ではなく、工事です。工事を行うために、業者の選定は慎重になされたほうがよろしいでしょう。前項の最後に示したようにアンテナを引き入れるには建物に穴を開けることになります。穴を開けるのですから、その処理は的確でないといけません。病院でも飲食業でもそうですが、選択をするときには口コミを利用し情報を仕入れるようにしましょう。迅速に進めるが、作業が荒いでは後々困ったことになりかねません。特に賃貸のかたは物件を返すときに弁償しなくてはいけないことになりかねませんので、作業が荒い業者には注意が必要です

電話回線や電力料金もそうなのですが、電話や直接訪れる営業は断りましょう。電機業界は横の繋がりがあり、購入店で作業ができないときは他の業者に頼みます。直接その電気店から〇〇という人が来るという連絡を受けない限りは気をつけたほうがよいです。

悪徳業者はテレビ大のものが運ばれてきたというだけで営業を行うことがあります。そのような業者は最初に安い値段を言い、追加料金を加算していくのです。これを防ぐためには、買ったところで作業をお願いする。通販購入で工事を別に頼む場合は、工事先は慎重に自分で探すということです。

接続と工事

アンテナ工事はなぜ工事というのでしょうか。アンテナとテレビを繋ぐ作業です。同じように配線を繋ぐ、パソコンは設定であり工事とはいいません。アンテナを繋ぐだけでしたら、アンテナ接続で良いはずです。ではなぜ工事というのか、それはまさに工事が必要だからです。

テレビアンテナアンテナからテレビまでは有線で繋がれます。アンテナは一戸建てであろうとマンションであろうと、基本的には家の外にあります。家の外から中に繋ぐとなると、どこかにその通路がなくてはいけません。窓から入れるとすると窓が閉まりません。エアコン取り付けの際の室外機もそうですが、専用の通路を確保しなくてはいけないのです。また一部建売住宅にはアンテナの差込口がありますが、あれは専用通路が準備しているというだけでそれに繋いでもアンテナが立っていなければテレビは見られません。

アンテナを立て建物の中に電線を通し、天井や壁を巡らせテレビの位置まで引っ張ってくるのです。ただ穴を開けるだけではありません。そこから水などが漏れないように、加工しなくてはいけません。そのようなことを行うので工事なのです。この工事は持ち家でしたらそれもまた自己責任であり自由ですが、賃貸ですと返すときに問題になるということは注意しましょう。

電波は見えない

アンテナ工事自体は素人でもできないことはありません。特にマンションなどテレビとアンテナの位置が近いと、一人はアンテナの位置を調整し、もう一人はテレビを見て確認しながら行うとできないことはないのです。ただこれが一戸建てですと、声が届きにくいので大声での作業となり、微妙な調整が難しくなります。業者はアンテナから直接電波状態を確認する機材を持っていますので、最適な位置がその場で確認できるのです

テレビ無理をすれば素人でもできないことはないのですが、それはあくまでもアナログ時代の話であって、地デジ化になった現在ではかなり難度が上がっています。地デジ化になり画像の美しさはアナログとは比べものにならないくらい上がりました。アナログ時代は画像の多少の乱れは仕方ないものと処理されてきましたが、地デジ化の現在ではそれは許されません。

ですが立地条件により微弱な電波しか届かない場所があります。そのようなときには受信しやすいアンテナを使用したり、ブースターを使用したりします。つまり前もって買ったものが無駄になってしまう可能性があるということです。専門業者はまず下見をして電波状況を調べます。電波は見えませんので、素人ではこれができないのです。