アンテナ工事自体は素人でもできないことはありません。特にマンションなどテレビとアンテナの位置が近いと、一人はアンテナの位置を調整し、もう一人はテレビを見て確認しながら行うとできないことはないのです。ただこれが一戸建てですと、声が届きにくいので大声での作業となり、微妙な調整が難しくなります。業者はアンテナから直接電波状態を確認する機材を持っていますので、最適な位置がその場で確認できるのです

テレビ無理をすれば素人でもできないことはないのですが、それはあくまでもアナログ時代の話であって、地デジ化になった現在ではかなり難度が上がっています。地デジ化になり画像の美しさはアナログとは比べものにならないくらい上がりました。アナログ時代は画像の多少の乱れは仕方ないものと処理されてきましたが、地デジ化の現在ではそれは許されません。

ですが立地条件により微弱な電波しか届かない場所があります。そのようなときには受信しやすいアンテナを使用したり、ブースターを使用したりします。つまり前もって買ったものが無駄になってしまう可能性があるということです。専門業者はまず下見をして電波状況を調べます。電波は見えませんので、素人ではこれができないのです。